浮世絵で見る江戸・築地

第1回 振袖火事と西本願寺〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:新橋なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

お寺の再建が埋め立てのきっかけに

こんにちは、大江戸さん。文化部の新橋です。今度都内版で「浮世絵で見る江戸・築地界隈」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。


おおっ、これは「香露」の大吟醸じゃないの!熊本酒造研究所、協会9号酵母発祥の蔵だよ。いやぁ、これが飲みたかったんだよ。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「浮世絵で見る江戸・築地界隈」っていうテーマです。江戸時代から現在に至るまでの築地の歴史を、当時と現在の姿を比較して紹介してみようっていう企画です。


ははぁ。築地の浮世絵ねぇ。まぁ、それならまずこれを見ないとなぁ。(机の中をガサゴソ探し始める)ああ、あったあった。「鉄砲洲築地門跡(写真左)」ね。歌川広重最晩年の傑作「江戸名所百景」で描かれたものだ。

これが築地?魚河岸はどこにあるの?それに、奥に描いている大きな屋根は何だろ?



魚河岸を探したって無駄だよ。この頃、魚河岸は日本橋にあったからね。築地に移転するのは、関東大震災後の1935年だ。築地は魚河岸と共に発展したと思っている人も多いけど、それはずっと後の話。実は奥の大きな屋根の建物こそが、築地という街ができた理由なんだ。

これだけ大きな屋根ってことは、お寺か何か?もしかすると本願寺?でも、今の本願寺はインド風の建物だし…。


この絵に描かれた本願寺、正しく言うならば西本願寺別院は、一度関東大震災後に焼失したからね。今の本願寺は1679年に再建されたもので、平安神宮や明治神宮、靖国神社など日本の国家的建築物を手がけた伊東忠太が設計したものなんだ。もともと江戸の西本願寺は、京都の西本願寺の別院として浅草近くの横山町にあって、「江戸浅草御坊」なんて呼ばれてたんだ。

そういえば、今でも浅草に東本願寺があるわね。



そう。あれももともとは神田にあった。どちらも京都の本院に負けず劣らずの立派な大伽藍だったんだけど、明暦の大火で両方とも焼けてしまった。そこで神田の東本願寺は浅草に移転して再建され「浅草本願寺」とか「浅草門跡」なんて呼ばれるようになり…。

わかった!それで西本願寺は築地に移転したってことね。



そう言うのはまだ早い。というのは、明暦の大火の頃には築地なんて場所はなかったからね。西本願寺は、本来なら浅草の辺りに再建されるはずが、幕府による区画整理のために許可されなかった。そこで佃島の門徒が中心になって、海を埋め立てて土地を築いた。これが「築地」という地名の由来だ。ちなみに「鉄砲洲」という地名の由来は、このあたりの砂州で大砲の試射をしたからなんだ。

へぇ〜、「築地」っていうのは埋め立て地っていう意味だったのね。知らなかった…。



キミの場合、これからも殆どの事を「知らなかった」って言うことになるんだろうけどねぇ。で、西本願寺の大伽藍が完成して今度は「築地御坊」と呼ばれるようになった。この絵にも描かれているように、高い屋根は船乗たちの目印にもなっていたんだ。詳しく言えば、この絵は西本願寺の大伽藍が南西、つまり現在の築地市場の方を向いて建てられていて、それを佃島の南海上から西に見ているという感じだね。

失礼ね。でも、お寺の本堂が築地市場の方を向いてるってことは、今の場外辺りが門前町だったってこと?


その通り。キミもまんざら馬鹿じゃないね。ところで、この絵にはちょっと疑わしいところもある。この絵が江戸に出回ったのは安政5年の夏なんだけど、実は2年前の安政3年8月、西本願寺大伽藍は死者10万人を出した強烈な台風で倒壊したという記録が残ってるんだ。『一時に潰れて微塵とはなれり』なんて書いてあるから殆ど原形を止めなかったらしい。

あらら、それじゃ本当はまだ再建中だったってこと?



そう。完成は4年後の万延元年ということだから、どう考えても建築中と考えるのが自然だ。でも、広重の「江戸名所百景」には深川の「三十三間堂」とか本所の「さざゑ堂」みたいに地震で半壊していた建物がシレっと描かれていることがある。まぁ、この絵の副題が『江戸百景余興』っていうくらいだから、その辺は深く追求しないのが江戸っ子の粋というものかもね。

ページトップへ戻る